GIMP 使ってみます。

画像作成ソフトとして「Krita」を選び、使うことにしました。画像加工・編集ソフトなら「Photoshop」と言いたいところです。しかし、高価なので、フリーのものを考えました。「GIMP」の存在は知っていました。検索の結果、これを使うことにしました。
以下、参照サイトからの引用
********************************
1996年に公開されて以来、バージョンアップが続いている定番デザインソフトがGIMP。Web用の画像加工・編集を想定して開発されたソフトです。

印刷用途に使用するのには向いていませんが、それでもPhotoshopと比較しても遜色ないほどの多機能をウリにしています。

対応しているOSもMacOS、Windowsをはじめ、Linux系のOSと幅が広いため、やはり、たいていの環境で利用することができます。

写真加工に必要な機能を一通り揃えていますので、写真の加工に関してはPhotoshopとほぼ同じ事ができます。また、外部の追加機能も豊富で、スクリプトを書けば処理の自動化も可能です。

ただし、この多機能は外部プログラムを多用することで生み出されているため、起動するまでに少し時間がかかる点が難点です。

公式Webサイト:GIMP
********************************
参照サイト:https://tech-camp.in/note/technology/59106/#GIMP

投稿日:
カテゴリー: GIMP